【イジメとイジリの違い】カジサックと宇野常寛氏の炎上騒動について個人的に思うこと

カジサックさんと宇野常寛氏の炎上騒動について、実体験も含めて個人的に思うこと。

お笑い芸人でユーチューバーでもある、キングコングのカジサックさんと、

評論家の宇野常寛氏が、大ゲンカして炎上していますね。

このことについて、私が個人的経験に基づいて思ったことを長々と綴ってみます。

ちなみに、あらかじめ言っておきますが、私は宇野常寛氏派です。

炎上騒動の発端について

イベント内で、宇野常寛氏がカジサックさんから失礼な絡みをされ、

ウンザリしてイベントの途中で帰ってきたというのが、

大まかな事の経緯だそう。

その後、ツイッター内で宇野常寛氏が、カジサックさんから受けた「失礼な絡み」の詳細について語っていましたが、

どうやら、宇野常寛氏が運動会内の縄跳びで失敗し、

そのことをカジサックさんに「大げさにバカにされたこと」が、一線を越えたところだったようです。

そしてツイッターで、このような発言をされています。

この宇野常寛氏の発言で私が感じ取ったのは、

「イジメとイジリ」の違いをまったく理解できてない無自覚人間とは、極力関わらないほうが良いってことです。

宇野常寛氏の主張について

> 僕らには、人間には、尊重されない場から離脱する権利がある。失礼な相手がいたら、抗議で帰る権利がある。

この文章、本当に同意です。

日本人って、場の空気に同調しがちですが、宇野さんのおっしゃるように、

マイノリティな人間が尊重されず、

理不尽ないじめを我慢しなきゃいけない状況(※今回の件については運動神経の悪い人間が、場の空気のために一方的にバカにされる構図)って、

絶対間違ってます。

「イジメとイジリの違い」について、実体験に基づいて私が思うこと

同じような経験が自分にもあって、

以前、私が勤めていた職場の先輩のことですが、

その人は関西人で、最初は気さくに話しかけてくれて、

まだ本性が分からなかったから、いい人だなとおもってたんですよ。

で、その先輩が身の上話をしつつ、色々と私のことについても聞いてきたから、仕事以外のプライベートな話(※たまにアニメも見ますよ?とかその程度の話)をしてしまったんです。

それが大きな失敗でした。

今思うと、ノリがまんま、カジサックさんと同じ感じなんですよね。

その場をとにかく盛り上げないと気が済まないというか、

そのためには周りを貶めても何にも気にしないタイプ。

私の「アニメも見ますよ?」という発言がイジリ(イジメ)の契機に…

にわかなのに、なぜかガチ勢のアニメオタクにされていじられました。

で、私がしてしまったその「アニメもたまに見ますよ?」って話が、

なぜか「あいつはガチの深夜アニメ・声優オタク」って話に脚色され、

周りにガンガン広められ、

挙句には、職場内全体に聞こえるくらいでかい声で、

アニメの質問や、個人的な情報なんかも、でかい声で話して来るようになり。

最初のうちは自分も、「いやいや違いますから。詳しく聞かれてもマジでわからないですよw」と、やんわり受け流してたんですが、

いくら否定しても、「そんなの本当に知らない(※本当に最近のアニメよく知らない)」と言っても、

「またまた~w」「そんな隠さなくてもいいからw」「毎日メイドカフェ行ってるの?w」とか、

なぜか、「色々知ってるけどそれを隠してるアニメ・二次元オタク」っていう勝手なレッテルを貼られ、

休憩時間や、飲み会や、みんなと単に仕事の話をしてる時とかも、

そのよくわからんその「脚色デマレッテル」でいじられ、バカにされました。

どうやらその先輩にとって、詳しい詳しくないはどうでもよくて、

とにかく私が「アニメを見ている」という、その一点だけで、

イジる(イジメる)ことができる、という認識のようでした。

本人はその場が楽しいからイジってるだけで、明確にイジメてる感じではなさそうでしたが、無意識的にマウント取りたい人種なんでしょうね。

ただ、そのイジリを受けた本人としては、

今思い返しても不快ですし、あれはイジリではなく、

完全にイジメの部類だったな、と私は思ってます。

最終的には、こういう人たちと一緒に働きたくないと思って辞めました。

で、その後別の仕事に就いたんですが、

そこでは、アニメ好きと言おうが、声優好きと言おうが、アイドル好きと言おうが、

そんなことでいちいち悪意のあるイジリをしてくる人なんていませんでした。

結局、その職場では快適に働けましたし、

色々なスキルも身に着けることができましたので、辞めて正解でした。

まとめ:イジリの限度を超えてるな、と感じたら

炎上騒動や私の実体験から、結局何が言いたいのかというと、

もし、理不尽にマイノリティだとレッテルを張られ、バカにされ、イジリの限度を超えてるなと感じた場合、

そういうイジリとイジメの区別すら付かないような人間とは、

話し合いをするだけ時間の無駄なので、

さっさと自分から距離を取るのが一番。ってことです。

なので、今回の宇野常寛氏の騒動を見て、

私は宇野常寛氏の行動について、

同意できる部分が多いなと思ったまでです。

もちろん、社会人として、仕事を受けた立場として、どうなの?と思う部分もありますが、

だからといって、カジサックさんが、仕事という名目のもとで好きなだけ「信頼関係ないイジリをしていい」という話にもならないと思います。

この騒動、まだしばらく続きそうな気はしますが、

宇野常寛氏が伝えようとしている「本質的」なことは、

何度も言うが、何も間違ってないし、勇気のある行動だったと思う。

それでは!