【スッキリで話題】 国際ワン切り詐欺とは?手口・対策方法まとめ

アフリカ・モーリタニアから電話?ツイッターでも報告多数。国際ワン切り詐欺とは?仕組み・対策方法まとめ。

2019年9月10日放送の日テレ・スッキリで「国際ワン切り詐欺」について取り上げていました。

台風15号が関東地方を直撃したきのう未明、アフリカからナゾの着信があったという複数の書き込みがSNS上に投稿された。
番組の調査によると、約100件以上のモーリタニアからの着信に関する投稿があった。

http://jcc.jp/news/15116174/

日本語音声で「家族が待っている」との内容。
ITジャーナリスト・三上洋は「詐欺。国際ワン切り」と指摘する。

http://jcc.jp/news/15116174/

この「国際ワン切り詐欺」は、誰にでも起こりうることだと思いますので、スッキリで放送されていた内容・対策方法について、個人的にメモ・忘備録として残しておきます。

【アフリカ・モーリタニア】国際ワン切り詐欺とは?その目的は?

今回の国際ワン切り詐欺は、+222から始まる電話番号で、アフリカのモーリタニアという場所からかかってきたという。

モーリタニアはアフリカ北西部に位置していて、人口430万人、日本はタコやイカなど水産物を多く輸入している。

この番号に折り返し電話をかけると、日本語の音声で「家族と友人が待っています」「友人と家族と話すなら、通話をつなげたまま維持して下さい」などと言われたそう。

【高額通話料】国際ワン切り詐欺の仕組み

国際ワン切り詐欺は、詐欺業者と海外の電話会社が結託した詐欺なのだという。

この番号にかけ直すと、平日の昼間の30秒で180円ほどかかるとのこと。

つまり、この「+222から始まる電話番号」に折り返し電話をさせることにより、相手に1秒でも長く通話をさせて、高額な通話料金で稼ぐのがこの「国際ワン切り詐欺」の目的。

過去にはカナダやパプアニューギニアからも電話があって問題になっていたそうです。

今回もツイッターで「モーリタニア」と検索するだけでも、たくさん出てきます。9月8~9日あたりに結構な人にかかってきていたようです。

俳優の方にもかかってきていたようです。

【対策方法】国際ワン切り詐欺に引っかからないためには?

国際ワン切り詐欺対策

基本的には完全無視(スルー)でOKです。

ただ、最近はLINE連絡などがメインとなって、あまり音声通話をしない人も増えているため、たまに電話がかかってくると、「なにか大事な用件なのかな?」と思い、つい気になって折り返し電話をしてしまう人もいるようです。

こういった事態にならないためにも、対策方法として、かかってきた電話番号を一度ネット(グーグルなど)で検索してみると良いとスッキリでも言っていました。

【まとめ】国際ワン切り詐欺は今後も起こる可能性大

なんにせよ、よく分からない番号にすぐ折り返し電話をするのは「絶対に駄目」ということですね。

何度も言いますが、完全無視(スルー)でOKです。

それでも、どうしても気になるのであれば、その電話番号をネットで検索してみることをオススメします。

今後も、何か自然災害などが起こったときに便乗して、また海外からかかってくるかも知れませんので、こういった詐欺があるということを、頭に入れておくと良いと思います。

それでは!