【1年間WiMAX利用レビュー】夜中遅い?光回線と速度比較してみた!おすすめはどっち?

2019年3月12日

WiMAXは遅い?フレッツ光と速度を比較してみてのリアル感想レビュー!

WiMAXを2018年の3月から使い始めて、1年経ちましたので、実際に1年間ワイマックスを使ってみてのメリット・デメリットと、インターネット通信速度について率直にレビューしようと思います。

↓私のWiMAX接続環境

  • WiMAX2+ ギガ放題接続サービス
  • モバイルWi-Fiルーターは「Speed Wi-Fi NEXT W05 (ブラックxライム)」使用
  • 活動エリアは地方都市繁華街「○」判定場所で、2019年1月末時点の440Mbps対応エリアだが、自宅の電波状態は3本がMAX。
私が使用しているのは「Speed Wi-Fi NEXT W05」です。

私が感じたWiMAXの最大メリット:外出先で通信量を気にせずネットができる

外でパケット通信量とか気にせずインターネットができる!

WiMAXの最大のメリットは、外出先で動画視聴など大きめのデータ通信をしても通信料を気にせずにいられることです。

今は無料でWi-Fiを開放しているお店が多いとはいえ、職場では4G通信になりがちで、休憩時間にちょくちょくスマホをいじっているだけでも通信料がかさんだりしますから、それがWiMAXに入っておけば何の心配もしなくてもよくなるという精神的安心感は半端ないと思います。

もちろん「3日で10GB」を超えると制限モードに入りますが、追加料金などは一切ないですし、仮に通信制限が入ったとしても「翌日18時頃から翌々日2時頃(合計8時間)」までの時間限定規制ですので、日中は関係なく大容量で使い放題です。

しかも制限モードに入っていたとしても、快適性は低くなりますが、まったくネットができなくなるわけではなく、私が経験した感じだと、ユーチューブの低画質視聴やスマホアプリを遊ぶ程度なら、多少の遅さを感じつつも使用可能です。

私が感じたWiMAXの最大デメリット:休日・夜間など人が多い時間帯に回線が不安定になりやすい!

WiMAXを使っていて、突然回線が不安定になったりする経験を何度もしました。

制限モードに入っていないにも関わらず、動画を見ていると時々回線が切れたり、極端に重くなったりします。

別に私は山奥で生活してるわけでもなく、地方都市の繁華街近くですし、公式HPのサービスエリアで見ても、一番電波の良い「2019年1月末時点の440Mbps対応エリア」の地域です。

回線の不安定状態は、夜間や休日など、回線が混雑する時に起こりやすいです。

こうなると、せっかく見たい動画あるときや、ちょっとネットを使いたい時に結構ストレス溜まります。

基本的には少し時間を置くと、回線は復帰できるんですが、急に回線が切れるのはマジで不便でした。

私がこの1年間ワイマックスを使っていて、ちょっとした回線不具合から長めの回線切れまで、割と何度もあったので、そのへんは大きなデメリットかなと感じました。

WiMAXとフレッツ光の速度比較をしてみた!

大手スピードテストサイト「fast.com」と「Wild Speed」で回線速度比較をしました。

最近私はインターネット無料のマンションに引っ越したため、フレッツ光が使えるようになりました。

で、WiMAXはもう使わないので解約する流れなんですが、その前に、せっかくだし「WiMAX」と「フレッツ光」のインターネット速度の比較をしてみることにしました。

測定したサイトは「fast.com」と「Wild Speed」の2つです。

結果は以下のようになりました。

WiMAXのインターネット速度測定結果

※ちなみに測定日時は2019年3月3日(日曜)11時頃。WiMAXは制限モードには入っていません。

※端末はiPhone 7 Plusを使用。

※どちらも自宅で測定したため、Wi-Fiルーターまでの距離はほぼ同一です。

WiMAXでfast.com測定結果。
WiMAXでWild Speed速度結果。

フレッツ光(自宅Wi-Fi)のインターネット速度測定結果

※測定日時はWiMAXと同じく2019年3月3日(日曜)11時頃。

※端末はiPhone 7 Plusを使用。

フレッツ光でfast.com測定結果。
フレッツ光でWild Speed測定結果。

WiMAXとフレッツ光のインターネット速度比較まとめ

fast.com 

  • WiMAX「24Mbps」 
  • フレッツ光「77Mbps」

Wild Speed 

  • WiMAX 下り「14.88Mbps」上り「1.696Mbps」
  • フレッツ光 下り「57.91Mbps」上り「81.54Mbps」

というわけで、速度比較をしたわけですが、フレッツ光の圧勝でした。

もちろん、WiMAXは電波本数がMAXではないので、本来であればもっと良い速度が出るのかも知れませんが、ちゃんとサービスエリア内にいても電波が安定しない場所は結構あったりするので、普段外出先で使う場合、この辺の数字が割とリアルなんじゃないかなと思っています。

<遅すぎ!>WiMAXの回線が不安定だった時の速度も測定してみた

今回のインターネット速度比較調査では、「WiMAXの回線が不安定だったとき」の測定もしていて、「上り」回線が明らかに不調になってた時間帯だと下りも極端に低い数字になっていました。

これも先程測定した日の2時間くらい前、場所は同じ。日曜午前9時くらいの時のWiMAXの通信速度結果です。

WiMAXでfast.com測定結果。何度やってもアップロードの測定がうまくいきませんでした。
WiMAXでWild Speed速度結果。

fast.com「9.0Mbps」

Wild Speed 下り「4.999Mbps」上り「187.3kbps」

場所は同じにも関わらず、時間帯によって回線の調子が悪いとここまで極端に落ち込みます。

まあ普段ネットサーフィンや動画視聴で使用する分には「上りの速度」はそれほど重要でもないので、大して問題にしなくても良いのかも知れませんが、デメリットでも話しました通り、こういう感じで「割とよく回線不具合が起きる」のが私個人が経験したWiMAXのリアルな使用感です。

ただ、何度も言いますが、外出先で好き放題インターネットが使える、というのはWiMAXの大きなメリットなので、一概にこれだけで切り捨てにくいのも事実です。

以上の実体験レビューから、自宅メインなら光回線がオススメ!外出先でネットを多く使うならWiMAX!

WiMAXと光回線両方使った経験から、主に自宅でインターネットを使うなら光回線のほうが圧倒的に安定しています。

インターネット速度比較でもわかったとおり、自宅で安定したネット環境を作りたいなら、多少お金を出しても圧倒的に「光回線」のほうがストレスも溜まらずオススメです。

ただ、自宅ではあまりインターネットを使わず、外出先でインターネットを多く使うって人には「WiMAX」のほうが圧倒的にオススメできます。

この辺はそれぞれのライフスタイルによって大きく変わってくるので、この先の生活状況を予測して、それぞれご判断頂ければなと思います。

というわけで、このワイマックスレビュー記事が少しでも参考になれば幸いです。

それでは!

(※以下、自分が現在使っているWiMAXのプロバイダーです。ご参考までに。「月割プラン」と「キャッシュバック有りプラン」の2つがありますので、契約のときはご注意ください。)

↓キャッシュバックなし(月割)プラン

↓キャッシュバック有りのプラン

キャッシュバック有りとキャッシュバックなし(月割)どちらが良いのか、に関しましては、「1年ぐらいしか使わない」人はキャッシュバック有りを選んだほうがお得です。

「2年以上使うつもり」の人は解約違約金が発生しないため、月々の料金が安い「月割プラン」を選んだほうがトータルでやすくなります。

▼コチラの記事にもWiMAX「とくとくBB」キャッシュバックについて詳しく書いています。