【箱根駅伝】ナイキ ヴェイパーフライ ネクスト%の効果が凄い件…

2020年1月20日

ナイキの厚底シューズ ヴェイパーフライ ネクスト%を履いた箱根駅伝選手が好記録連発。ネットでも話題に。性能効果・2ch反応・私的感想まとめ。

2020年の箱根駅伝に出場する選手の大半が、ナイキの厚底シューズ「ズームXヴェイパーフライネクスト%」を履いて、好記録を連発しているとネットで話題になっています。

ピンク色のナイキ厚底シューズを箱根駅伝の大半の選手が履いていると話題に。
ナイキの厚底シューズで新記録連発。
ほぼ全員がヴェイパーフライ ネクスト%を履いている件。
箱根駅伝2020 ナイキ厚底シューズ ヴェイパーフライ率が圧倒的すぎると話題に。

ズームXヴェイパーフライネクスト%について、2chでも「禁止になるの?」と思われるくらい話題になっていますね。

そんな、ナイキのヴェイパーフライ ネクスト%について、効果性能や2ch反応、元ランナーである私の個人的感想をまとめてみました。

NIKE ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%の効果について

ナイキ・ヴェイパーフライの効果について、フジテレビ・とくダネでも話題。厚底で反発力が高いにもかかわらず、軽量。
厚底の中にカーボンファイバー製プレートを使っている。
NIKE ナイキ ズーム X ヴェイパーフライ ネクスト%。大迫傑の走り。

初代はヴェイパーフライ4%

2世代はヴェイパーフライ4% フライニット

今回の3世代がヴェイパーフライ ネクスト%

3世代になっての変更点&効果

ヴェイパーウィーブ素材で軽量化&撥水性があり雨にも強い。

ヴェイパーウィーブ素材に変更された。https://youtu.be/Tocv4UbWhDo

アウトソールの溝が増えて、濡れた路面でもグリップ力を保持できる。

アウトソールのグリップ力が増した。https://youtu.be/Tocv4UbWhDo

足の圧迫を防ぐため、シューレースの位置が斜めになっている。

https://youtu.be/Tocv4UbWhDo

かかとと前足のソールの厚みの差が11mm→8mmに。

安定性を高めつつ、つま先を蹴り出す瞬間のエネルギーリターンを最大化。

https://youtu.be/Tocv4UbWhDo

つま先部分が若干広くなり、つま先の動きもしっかりカバー。

https://youtu.be/Tocv4UbWhDo

かかとのホールド感がアップ。

https://youtu.be/Tocv4UbWhDo

ソールの素材、ズームXが15%アップ。さらに重量が6g軽量化されている。

耐久性は初代ヴェイパーフライ4%が約160kmに対して、

ヴェイパーフライ ネクスト%は約400kmの走行距離となっている。

https://youtu.be/Tocv4UbWhDo

※その他、詳しい比較は下記レビュー動画から。

aki runnerさんのヴェイパーフライ ネクスト%のレビュー動画。

【2020年箱根駅伝】ヴェイパーフライ ネクスト%無双 2ch反応

2chでは箱根駅伝のナイキ厚底シューズが凄すぎて、今後規制(禁止)されるのか?って話題で結構盛り上がっていますね。

レーザーレーサーみたいに禁止になる可能性はないのん?

禁止にしなくていいよ
これ靴として優秀だし
どんどん開発すれば耐久性もついてくるだろうし、他メーカーも新しいものつくらなきゃいけないわけだし

ドーピングはいかんが許された範囲内で最大限の対策をすることがなぜ批判されるのかが分からぬ。

足への負担を軽減して、タイムも伸びて、しかも誰でも同じものが買えるというのはすごいな。
特定の選手や団体用により効果の高い素材が使用されたものが提供されると不公平と思うけど。

持ってるけどずっと下り坂走ってる感じ

ええやろ別に
科学の進歩は素晴らしいってことや

スポンサーなのに他メーカーの靴を履いて良いものなのだろうか?

足への負担が少ないんだろうな

怪我人も減ってみんな記録も伸びて良いこと尽くめなのに何で否定するのか不思議
特注品でもなく誰でも量販店で買えるわけだしすごく公平じゃん

市民ランナーレベルへの普及率もハンパないから今から厚底シューズ規制するのは無理だろな
レーザーレーサーの時みたいな極一部のトップ選手の間だけの話と今回は規模が違う

ナイキを履かないと闘いにならない次元になってきたのか
物が高性能で他と差が開きすぎてもそれのおかげとなるからいいような悪いような

青学がアディダスを完全に無視したってことは、実際に走ったら明らかに違うっていうシューズなんだろうな
あとは市民ランナーに普及させるだけのナイキだよ
箱根は宣伝効果抜群

なんの規制もなくやりたい放題なら、日本の技術者が本気出してすごい靴作るだろうな。
カーボンファイバーがそもそも日本の発明で日本の生産品だから。

去年の東洋とか既にナイキ支援のもとオールヴェイパーで
往路優勝だったけど大して騒いでなかったのに
一年遅れて今更感がありすぎの話で盛り上がってるな

これ禁止になったりしないの?

たぶんならない

市民ランナーも記録が3万で買えるなら。。。と。貧乏父さんは大変ですw

丁度良かったじゃないか。令和に代わって新時代が到来したんだよ。
古臭い思考から抜け出られなかった大学が軒並み沈んでるのが象徴的。

6連続区間新記録(笑)
どうみても、今後禁止事案
レースが壊れる

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1577980243/

【規制?】箱根駅伝ナイキ厚底シューズ旋風 元ランナーの私的感想

2020年の箱根駅伝がナイキ厚底シューズだらけ現象に、大昔ランナーだった人間が思うこと。

私も中学高校の6年間、陸上部長距離でガッツリ走ってたランナーだったんですが、昔はロードレースの時は底の薄い靴(軽量シューズ)を履くのが一般的でした。(相当昔の話;)

昔のロードレースで私が履いていた薄底軽量シューズ。イメージ的にはこういうやつ。

で、練習のときは厚底ランニングシューズを履いているのが一般的でしたね。

逆に今では試合で厚底シューズを履くのが一般的になっているとは知らなかった…。(最近の陸上長距離事情を全くわかってない人間;)

当時の自分は上の画像のようなミズノの軽量シューズを愛用していましたが、これはこれで、すごく足が軽くなる感覚があって、走りやすかった記憶があったんですが、今はそれよりも「バネ(反発力)」が大事って感じなんですかね。

最近まったく走ってないけど、「ズームXヴェイパーフライネクスト%」ってのがどんな走り心地なのか、こんだけ騒がれてると、履いて走ってみたくなってきました…。

まあ個人的には日本メーカーのミズノにも頑張ってほしい気持ちもありますが…。

ただ、このナイキ厚底シューズに対して、国際陸上連盟が調査に乗り出しているそうで、今後、規制される可能性もゼロではない?

うーん、個人的には一般に販売されているランニングシューズなのに、これで規制されるのは、ちょっと違う気もしますが…。

なんにせよ、今後のランニングシューズ業界がどうなっていくのか、ちょっと興味深くなってきました。

そんなわけで、2020年箱根駅伝のナイキ厚底シューズ無双について個人的に思ったことでした。

それでは!

↓Amazonの最新在庫・価格を見る↓

[ナイキ] ズームXヴェイパーフライNEXT%

↓楽天の最新在庫・価格を見る↓

↓ヤフーショッピングの最新在庫・価格を見る↓

NIKE ナイキ ズーム X ヴェイパーフライ ネクスト%